9月11日「イス禅」のススメにご参加されたお客様の声をご紹介致します。

2013-09-13

9月11日に開催しました
「イス禅」のススメ(リーダーのための禅的瞑想法と禅の知恵)

ご参加されたお客様からブログで当日の様子をご紹介頂いておりますのでご紹介致します。

(下記一部抜粋)

経営者と社員の健康こそ会社の財産という事で
イス禅瞑想法は心身の健康を増進→経営の力にも!

 

今回はスティーブ・ジョブズを例に
ジョブズが禅を学んでいたのは知っている方も多いと思いますが
もう少し突っ込んで

19歳で日本人の禅僧を心の師と仰ぐその師が知野弘文老師

当時老師はサンフランシスコで活動していたそうです。ジョブズは老師に出家の相談をしたが事業の世界で仕事をしつつもスピリチュアルな世界とつながりを保つ事は可能と諭されアップルを創業します。

禅の教えがアップルの理念にもつながるところがあり

アップルの基本理念
「フォーカスとシンプルさ」
シンプルであることは複雑であるより難しい
「足るを知る」の禅の精神

内なる声をその他大勢の雑音にかき消されないようにしなければならない。そして最も大事なのは
自分の内なる心と直感に従う勇気を持つ事

禅の目的とは

己事究明(こじきゅうめい)というのがあります。

瞑想により自己を知るという事で

心の平安、静かな自信、本質を見抜く直感力と!

 

何故禅を行うと効果が見込めるのか?

人間は意識だけでは生きていない。大部分は無意識の世界で生きている
それを仏教では無意識をアラヤ識と読んでいて、無意識の底にある部分に瞑想によりアクセスするという考え方があり
平常心、創造性と集中力アップ、思いやりの心
の3つを禅により培う事が出来るという考えです。

最後に
心身共に健康であることこそ財産であり会社や社会に対する大きな貢献である事を教えて頂きました。

Copyright© 2012 ビジネスマンの人間力育成をサポートする有徳経営研究所株式会社 All Rights Reserved.