「宇宙とぶっつづきの自己」

2013-10-20

沢木興道老師の言葉に、一番弟子の内山興正(こうしょう)が解説を書かれています。

<法句(沢木老師の言葉)>

坐禅は宇宙一杯とスイッチのつく法である。
宇宙一杯のものを即今、即今、一切に尽くして行じてゆくことが三昧である。

さとりとは、けっして面倒なところへゆくことではない。
アタリマエになることである

<参(内山老師の解説)>
沢木老師は「宇宙とぶっつづきの自己」とか「宇宙一杯の自己」とかと、よくいわれました。

この言葉を聞いて、坐禅することによってムクムクッと自分の身心が大きくなって宇宙大になることかと思う人があるかもしれませんが、決してそういうことではありません。

坐禅しながら、もしそのような気分になったとしたら、それは妄想であり、魔境です。

仏教の話は決して空間的大きさの話ではありません。空間的大小の比較をいうかぎり、どこまでも話は中途半端でしかないからです。

そうではなく、小さな自分、自分という自分中心の思いを投げ出すことが、宇宙とぶっつづきの生命を今、ここで生きるということです。

内山老師の解説は、いつも端的に最も大事なポイントを教えてくださいます。

「宇宙とぶっつづきの自己」「宇宙いっぱいの自己」という沢木老師の言葉のポイントは、「小さな自分、自分という自分中心の思いを投げ出すこと」であるといいます。
 自分中心の思いを投げ出せば、自然と宇宙とぶっ続きになれるということです。

 自分にとらわれているから宇宙から切り離される。
 
 自分が自分がという我執から開放されれば、宇宙と一体になる、すなわち宇宙が味方になってくれるとしたら、本当に素晴らしいことです。

Copyright© 2012 ビジネスマンの人間力育成をサポートする有徳経営研究所株式会社 All Rights Reserved.