ジョブズのスタンフォードスピーチと禅

2014-03-22

世の中のことを知ること、つまり「他人を知る」ことと、
自分の立ち位置を明確にすること、
つまり「自己を知る」ことは、同じくらい大事なことです。

ジョブズが、「自分の内なる声にしたがえ」と呼びかけているのは、
アメリカのビジネスマンでも、しばしば、自分を見失って失敗するからでしょう。

さて、ジョブズのスタンフォード・スピーチをしめくくる

「ハングリーであれ。おろか者であれ。」という言葉は、

「愚(ぐ)の如(ごと)く、魯(ろ)の如(ごと)し」

という禅の言葉を英訳したものいわれます。

この禅語は、

「世間から、おろか者と言われても気にせず、
コツコツと自分の信ずる道を歩め。そうすれば、おのずと道は開ける」

という意味です。

ジョブズは、ビジネスの天才ですから、ケタ外れの成功を手に入れましたが、ジョブズを成功に導いた禅の智慧は、私たちにも、必ず役立つものであると思います。

<ここがポイント>
1.大事なのは、自分の心と直感に従う勇気を持つこと。

2.「世の中の流行」も大事だが、
それ以上に「自分を知ること」が大事。

3.コツコツと自分の信ずる道を歩めば、おのずと道は開ける。

Copyright© 2012 ビジネスマンの人間力育成をサポートする有徳経営研究所株式会社 All Rights Reserved.