今東光の毒舌人生相談-その5「宗教とは?」5

2013-05-03

価値観が多様化し、変化が激しい現代においては、宗教を「価値観の体系」と捉えるよりも、「古人の知恵の集積」であると捉えると良いように思います。

お釈迦(しゃか)様が活躍されて仏教ができたのは、約2500年前です。『論語』の主人公である儒教の聖人・孔子が活躍されたのも約2500年前です。
キリスト教のイエスが活躍されたのは、西暦が示すように、約2000年前です。(旧約聖書までさかのぼれば、2500年以上前からの教えです)

お釈迦(しゃか)様やキリストなど、それぞれの開祖が2000年以上前に出現されたわけですが、その後も、その流れから数え切れないほど、たくさんの高僧、名僧、宗教家が出て、たくさんの古典的名著を残してくれました。

近代科学が成立したのは、17世紀以降でしょうが、それ以前は、科学も宗教も哲学も、かなり一体化していたと思います。

それぞれの時代の最高の知性を持つ優れた方々が、宗教家として深い思索をし、優れた知恵を宗教として残してくれていると言えるでしょう。

特定の宗教を深く信じることができなくても、仏典であれ、聖書であれ、宗教書を読んで、自分の心響く良い教えがあれば、「古人の知恵」として受け取るのが良いのではないでしょうか。

宗教の教えを盲信する必要はありませんが、宗教書は、私たちの人生に別な視点を与えてくれる貴重な「知恵の書」ではないかと思います。

Copyright© 2012 ビジネスマンの人間力育成をサポートする有徳経営研究所株式会社 All Rights Reserved.