仏の頭を踏み越えろ!

2014-09-14

■仏を忘れるのが、禅(1/3)

さて、「仏の頭を踏み越えていけ!」という忠国師(ちゅう-こくし)の答えは、

「仏さまの教えをありがたそうに考えていると、

仏に捉われて、かえって自分を見失うぞ!

ありがたそうなものを捨てていくのが、本当の禅じゃ。」

という意味です。

しかし、長年、禅を学んできた粛宗(しゅくそう)にも、忠国師(ちゅう-こくし)の言葉が理解できません。

そこで、粛宗(しゅくそう)は、正直に「私には、老師のお言葉の意味が分かりません。さらにご教示ください。」と言いました。

それに対して、忠国師(ちゅう-こくし)は、

「自分が清浄法身(しょうじょう-ほっしん)であるという、

その悟りを捨てなさい。」と答えました。

清浄法身(しょうじょう-ほっしん)とは、善も悪もない、絶対的に清らかな心の本体という意味です。

仏教では、「誰もが、生まれながらに、仏さまと同じく、絶対的に清らかな心を持っている」という教えが大前提です。

人間は、本来、仏さまと同じ清らかな心を持っているのに、むさぼり・怒り・ 真理に対する愚かさなどの煩悩(ぼんのう)によって、清らかな心の本体を見失っていると禅仏教ではとらえます。

だから、「坐禅によって、心をみがいて、まず清らかな心の本体を悟りなさい。」というのが、禅仏教のスタートラインになります。

<9月のイス禅セミナー:ご案内> 「禅の知恵と古典に学ぶ人間学勉強会」(原則月1回開催) イス禅と禅仏教の古典(『無門関』など)に学ぶセミナーを

9月17日(水)に、秋葉原駅近くの区民会館で開催します。

前半は、誰でもできるイス禅瞑想の実修です。

休憩後の後半は、禅の古典からの講話となります。

禅に関心のある方は、どなたでも参加できます。

日時:2014年9月17日(水)19時~21時(開場18時30分)

場所:JR秋葉原駅そばの「和泉橋区民会館」

(千代田区立の公民館)

Copyright© 2012 ビジネスマンの人間力育成をサポートする有徳経営研究所株式会社 All Rights Reserved.