本来無一物

2014-05-25

■悟りの世界は空(くう)(3/3)

慧能(えのう)の「本来無一物(ほんらい-むいちもつ)」とは、何事にもとらわれない、悩みも、悟りも忘れた、絶対的に自由な境涯です。

禅の理想とする境地ですが、一般的な言葉に当てはめれば、
「しなやかな心」のあり方を表しているといえるでしょう。

人間は、誰でも生まれる前は、「本来無一物(ほんらい-むいちもつ)」というべき状態にあり、人生が終われば、また、「無一物」の世界に帰っていきます。

禅では、「夢」という文字は、はかない人生の象徴という意味があります。
「喜びも悲しみも、成功も失敗も、すべては夢。こだわりすぎるな、捉われるな!」ということです。

人は困難に直面したり、窮地に立たされたりしたときに、深く悩み苦しむものです。

人生には、必ず困難な状況がおこるものであり、変化の激しい21世紀のビジネス社会において、なおさら、そのリスクが高いといえるでしょう。

困難に直面した時に、「本来無一物(ほんらい-むいちもつ)」と腹をくくることができれば、過度に落ち込んだり、悲観したりせずにすむでしょう。

肩の力を抜いて、状況に素直に対応していけば、自然に道が開けてくるものです。

このような心のしなやかさ(レジリエンス)を高めるコツが、「本来無一物(ほんらい-むいちもつ)」であると、この禅話は教えてくれています。

<ここがポイント>

1.困難なときは「本来無一物」と腹をくくる。

2.人生は一場の夢。成功や失敗にこだわりすぎない。

3.心のしなやかさ(レジリエンス)を大事にする。

Copyright© 2012 ビジネスマンの人間力育成をサポートする有徳経営研究所株式会社 All Rights Reserved.