自由な精神の現われ

2015-09-21

■師匠に挑戦する弟子(2/2)

禅の修行によって得る心の大自在とは、因果を超越したり、無視したりすることではなく、

「原因と結果の法則」を受け入れて、より良い人生を生きていくことだというのが、百丈和尚(ひゃくじょう-おしょう)の回答でした。

さて、野狐(やこ)の妖怪となった元禅僧は、百丈和尚(ひゃくじょう-おしょう)の「不昧因果(ふまい-いんが)」という教えを聞くと、悟りを開くことができ、妖怪の身を脱して、無事に成仏できました。

百丈和尚(ひゃくじょう-おしょう)が、その話を禅堂で弟子たちにすると、一番弟子であった黄檗(おうばく)が鋭い質問をしました。

「野狐(やこ)の妖怪となった元禅僧の老人は誤った教えを弟子に説いたために、妖怪になったといいます。

もし、その老人が常に正しいことをおしえていたならば、いったい何になっていたでしょうか?

菩薩(ぼさつ)さまですか? 仏さまですか?

あるいは、それ以上の何かになったのでしょうか?」

黄檗(おうばく)の問いを平たく言えば、

「お師匠さまように正しい教えをいつも説いていたら、

すでにお釈迦(しゃか)さま以上の存在になっていても

おかしくないでしょう。そもそも、お師匠さまは、何ものですか?」

というものです。

師匠である百丈和尚(ひゃくじょう-おしょう)に向かって、弟子の黄檗(おうばく)が挑戦状をつきつけるような鋭く厳しい質問です。

この問いをきっかけに、今度は、師匠と弟子の間で禅問答が行なわれます。

さて、百丈和尚(ひゃくじょう-おしょう)は、弟子の問いかけにどのように答えたのでしょうか?続きをおよみください。

Copyright© 2012 ビジネスマンの人間力育成をサポートする有徳経営研究所株式会社 All Rights Reserved.