謙虚に感謝する心

2014-05-16

■四つの教え(3)

昭和の時代、歴代総理の心の師といわれた安岡正篤(やすおか-せいとく)先生は、著書の中で、

「得意淡然(とくい-たんぜん) 失意泰然(しつい-たいぜん)」

という言葉を書かれています。

「物事がうまくいっている得意の時には、おごり高ぶらずに、淡々とした態度でいるべきだ。逆に、失意のときほど、あせらず、ゆったりと気持ちを落ち着つかせて、時節の到来を持つのがよい。」という意味です。

「得意淡然(とくい-たんぜん) 失意泰然(しつい-たいぜん)」をいつも実践できれば、もはや達人の境地といえるでしょう。私たち凡人は、なかなか、そうもいきません。

しかし、そのような教えを心に持つことによって、ビジネスも人生も、より良い方向に進むのではないでしょうか。

慧可(えか)が黙って礼拝したような、謙虚な気持ち、感謝の気持ちを忘れないことが、「得意淡然(とくい-たんぜん) 失意泰然(しつい-たいぜん)」という生き方につながるのだと思います。

<ここがポイント>

1.人は誰でも「むさぼり・いかり・おろかさ」に捉われやすい。
2.「得意のときは淡々と、失意のときはゆったりと」を心がける。

3.謙虚に学び、何事にも感謝を忘れない。

<イス禅セミナーのご案内>

 「禅の知恵と古典に学ぶ人間学勉強会」(第3回)

イス禅と禅仏教の古典(無門関など)に学ぶセミナー第3回を
5月23日(金)に、秋葉原駅近くの区民会館で開催します。

前半は、イス禅の実修、休憩後の後半は、禅の古典からの講話です。
禅に関心のある方は、どなたでも参加できます。

日時:2014年5月23日(金)19時~21時 
場所:JR秋葉原駅そばの「ふれあい会館」(千代田区立の公民館)

詳しいご案内と申込みは、以下をご参照ください。

古典に学ぶ人間学勉強会

Copyright© 2012 ビジネスマンの人間力育成をサポートする有徳経営研究所株式会社 All Rights Reserved.