野狐禅(やこぜん)

2015-09-13

■妖怪となった禅僧(1/4)

百丈和尚(ひゃくじょう-おしょう)から「お前は何ものだ?」と問われた老人は、奇妙なことを言いだしました。

「私は、人間ではありません。古い古い過去の時代に、

この百丈山(ひゃくじょうさん)の住職だったものです。

そのときに、一人の修行者から次のように問われました。」

「和尚さまのような禅の修行を極めた

「大修行底(だいしゅぎょうてい)」の人は、

因果(いんが)の支配をうけるのでしょうか?

それとも、因果(いんが)の支配をうけないのでしょうか?」

ここでいう「因果(いんが)」とは、

「原因と結果の法則」のことです。

物であれ、現象であれ、何かが存在するとき、かならず、

ある原因があり、結果があり、その結果がまた他の原因となり、

という「原因と結果の法則」の無数の積み重ねによって

成り立っています。

すべての物事が、因果の網目によってつながっており、

独立して存在しているものは何もないというのが、

仏教の「空(くう)」の教えです。

この「空(くう)」の教えによれば、物質だけではなく、

人間はもちろん、仏さまや阿弥陀さまのようなサムシング・グレートでさえも、「因果」の網目の中に存在することになります。

しかし、見方をかえれば、人間は、つねに因果関係に縛られている不自由な存在ともいえます。

禅仏教では、

「禅の修行によって心の垢(あか)を落として、

大自在をえて、自分の人生の主人公になれ!」

ということを教えます。

修行者の問いは、

「心の大自由をえた偉大な禅者は、

「原因と結果の法則」を超越しているのではないか。

因果を超越するからこそ、

大自由の境涯を得られるのではないか?」

という意味でした。

Copyright© 2012 ビジネスマンの人間力育成をサポートする有徳経営研究所株式会社 All Rights Reserved.