野狐禅(やこぜん)

2015-09-13

■妖怪となった禅僧(2/4)

かつて、百丈山の和尚であった老人は、自信をもって

「不落因果(ふらく-いんが)」

と答えました。

これは、「因果に落ちず!」ということで、

「禅の修行を極めれば、因果の法則にしばられない」
 という回答です。

しかし、その答えは、間違いでした。

老人は、続けて語りました。

「私は、間違えたことを弟子に教えた罪によって、

野狐(やこ:のぎつね)の妖怪となって、

数百年間も、この山をさまよっております。」

「あなた様(百丈懐海(ひゃくじょう-えかい)禅師)は、

偉大な禅者です。

どうか、私に正しい答えを教えて、

私を野狐(やこ)という妖怪の身から助け出して

成仏させてください。」

それを聞いた百丈和尚(ひゃくじょう-おしょう)は、静かにうなずき、老人に同じ問いを問いかけるように促しました。

ついに、老人は、百丈に向かって、

 

「禅の修行を極めた大修行底(だいしゅぎょうてい)の人は、

因果(いんが)の支配をうけるのか?」

と問いました。

すると、百丈は、

 

「不昧因果(ふまい-いんが)」

と答えました。

これは、「因果を昧(くら)まさない」ということで、

「禅の修行を極めた人であろうと、仏様でも、阿弥陀さまでも、

「原因と結果の法則」をくらますことはできないぞ!」

という意味です。

禅の修行によって得る心の大自在とは、

因果を超越したり、無視したりすることではなく、

因果の法則を受け入れて、より良い人生を生きていくことだ

というのが、百丈和尚(ひゃくじょう-おしょう)の回答でした。

Copyright© 2012 ビジネスマンの人間力育成をサポートする有徳経営研究所株式会社 All Rights Reserved.