野狐禅(やこぜん)

2015-09-13

■妖怪となった禅僧(4/4)

ビジネスにおいて、新しいサービスや新製品を開発するときには、世間の常識を疑って、それを覆す努力が成功の要因となることがあります。

たとえば、2007年に発売されたアップル社の「iPhone(アイフォーン)」は、たちまちのうちに世界を席巻し、携帯電話の世界を変えました。

 

あたかも、一枚の板のようなシンプルで独創的なデザインを見ても、世間の常識を超越した新製品であったことがよく分かります。

因果に落ちない、常識を超えた発想が世界を変えたといえるでしょう。

反面、奇抜な発想に頼りすぎて、世間に受け入れらずに失敗する製品も多々あります。

因果の法則や世間の常識を踏まえつつ、ときに、必要に応じて、それを超越するという心の自由を得ることが禅の修行の目標です。

常識を踏まえつつ、ときにそれを乗り越える勇気や自由な発想は、ビジネスにおいても、大事なことではないでしょうか。

<ここがポイント>

1.「野狐禅」という知ったかぶりは、間違いのもと

2.原因と結果の法則は無視できない

3.しかし、ときに大胆に常識を超越する勇気も必要である

Copyright© 2012 ビジネスマンの人間力育成をサポートする有徳経営研究所株式会社 All Rights Reserved.