馬祖の最後の大説法-4

2015-09-07

■この瞬間こそ、永遠!(2/3)

さて、人間にとって時間とは、「即今(そっこん)、ただ今」しかないといわれます。

過去は記憶の中にあるだけで、今は存在しません。未来は、想像のなかにあるだけで、まだ存在していません。存在しているのは、現在だけです。

そのため、「人生とは、瞬間の積み重ねであり、今日という一日を大事にすることが、幸福になる秘訣である」と捉えることができます。

馬祖のいう「月面仏(がちめんぶつ)」、つまり「この瞬間だ!」という言葉は、まだ理解しやすいといえるでしょう。

それに対して、「日面仏(にちめんぶつ)」つまり「永遠」とは、何を指しているのでしょうか。

現代風にいえば、「サムシング・グレート(何かは分からないが、人智を超えた偉大なもの)」つまり、神仏を表していると思われます。

人間は、自分だけで生きているのではない、「サムシング・グレート」によって「生かされて生きている存在」だという宗教的な知恵を象徴するのが「日面仏」ではないでしょうか。

Copyright© 2012 ビジネスマンの人間力育成をサポートする有徳経営研究所株式会社 All Rights Reserved.